読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

SUPACOMの機材日記

撮影機材、録音機材の保守・管理など

レンズ

個人作大型ビデオスライダー

比較的安価で入手できるビデオスライダーは、60cmくらいまでと全長が短い傾向にあるが、より長いスライダーが必要な撮影があったので、工作が趣味の友人に制作を依頼した一品である。とにかく可動部の精度を重視し、特注であったり高価な部材を用いることと…

雲台について考える

手持ちの雲台について、色々と思うところがある。 Manfrotto 498 kakaku.com 一脚と共に購入。クイックシューを使わず、本体をカメラに固定するタイプのため、取り付けに時間がかかる反面、シンプルな構造のため部品の紛失や故障のリスクを低減できる。MIDI…

超望遠レンズ用超々ジュラルミン製グリップ+マグプルXTMハンドストップ(AFG-3)

以前より使っているAi Nikkor 600mmの描写特性には大変満足しているが、手振れ補正機能が無いマニュアルフォーカスレンズであるが故の使い難さを感じていた。三脚が無いと使えないのでは仕方がないので、金属加工が得意なフレンズ友人に特製グリップを制作依…

H・C AUTO NIKKOR 28mm f3.5

1960年発売のAUTO NIKKOR 28mm f3.5のマルチコーティングを施した改良型であり、光学系については設計から既に60年近く経過している。 ウルトラ・マイクロニッコールなどで知られる名設計士が手掛けたレンズとのことで、『ニッコール千夜一夜物語』において…

Ai NIKKOR 50mm f1.4s

所有する数々のニッコールの中でも、知人から譲り受けたこともあり、特に愛着がある一本である。 2015年に、修理業者によるオーバーホールを受けたものの、長年の摩耗により鏡筒にガタがきているが、マニュアルフォーカスの操作感は病み付きになる程。ニッコ…

Ai NIKKOR 600mm f5.6s ED IF≪OLD≫

以前から、超望遠レンズでポートレートを撮りたいと常々考えていた。しかしながら、比較的安価で購入できるズームレンズを家電量販店で確認したところ、その背景ボケに満足できなかった。 現行世代の単焦点ともなれば、自動車並みの費用を覚悟しなければなら…

Ai NIKKOR 300mm f4.5 ED IF

後継の300mm f4.5s ED IFの生産が終了して17年になるが、野鳥撮影などの分野では、いまだに根強い人気を誇ると聞く。 動画撮影で滑らかなフォーカシングを得るため、本製品を購入した。実のところ、前作であるAi NIKKOR 300mm f4.5(無印)を所有していたが、…

Ai NIKKOR 200mm f4s

200mmの焦点距離で開放絞り値が4というスペックは比較的安価なズームレンズでも実現しており、需要がないものと思われる。 写真を全紙サイズに引き延ばすため、3600万画素に耐えうる高解像度のレンズが安価で欲しいという理由で、本製品を入手した。 小型軽…

AF NIKKOR 28mm f2.8

28ミリの画角には特別な思い入れがあるが、それに反して中々レンズとの御縁がない。本製品は、Ai NIKKOR 28mm f2.8sを購入するまでの繋ぎとして購入したという背景がある。 さて、購入する際にインターネット上で得た情報によると、本レンズの光学系の源流は…

Ai Micro-NIKKOR 105mm f2.8s

書籍の複写やスポーツ撮影を行うために購入した。 1984年の発売から2017年現在まで、長きに渡りラインナップに並ぶ。オートフォーカスデジタルカメラ全盛期においても一定の需要があるのだろう。 重量は515グラム。現行主力製品のAF-S 105mm f2.8の750グラム…

安レンズを買った

Nikon AF 28-80 3.3-5.6Gについて